幼児のメガネはアンファンがおススメ!動き回る幼児にフィットするメガネを作れます。

4歳の娘れもんは三歳半検診で弱視であることが分かってから、治療用のメガネをかけています。最初は毎晩泣いて寝るほどメガネは嫌だと言っていた彼女も、今ではメガネが身体の一部と言うくらいになってきました。

最近では寝るときに布団に横になった後で私が「メガネ外すの忘れてるよ」と声を掛けることもしばしば。

祖父母の前でメガネ姿を見せるのを最後まで抵抗していましたが、この間のゴールデンウィークで両実家に行った時には眼鏡をはずすことなく普通に掛けていました。

年中組になってクラス替えでメガネをかけているクラスメイトがれもんの他に2人いる事ももしかしたら大きいかもしれません。

『メガネを掛けるのは特別なことではない』

自分のごく身近なお友達もメガネを掛けていて、そんな意識になってきているんじゃないかと勝手に私は思っています。

身体の一部だからこそストレスフリーな眼鏡を選びたい

私自身も近視のため中学生の頃からメガネを掛けています。高校生の頃からはコンタクトも併用しています。

メガネ、ズレますよね。

メガネのずれを直す動作が癖になっていて、コンタクトをしている時にフレームの位置をくいっとを直そうとしたりして、「あ、メガネじゃなくて今コンタクトだった」なんて事もあったりして(;'∀')

メガネを掛けているからこそ分かるこのストレス。視力の良い旦那はメガネの事はわからないのでメガネ選びは私に一任されました。

最初に行ったメガネ屋さんは『こどもメガネ アンファン』。

眼科の先生に「安いところではなく、ちゃんと子供のメガネの専門店で買った方がいい。四六時中かけているものなので、顔にきちんと合う眼鏡を作った方がいいよ。」と言うことでおススメされました。合わないメガネを掛けるイライラはよく分かる私も先生の意見に大賛成なので、ちょっと自宅かとらは遠いけどアンファンに足を運びました。

アンファンのメガネは動き回る幼児の事をイロイロ考えて作られている

とにかく幼児ってあっちにこっちに、飛んだり跳ねたり、ちょろちょろと良く動き回ります。そんなちびっこのためにアンファンのメガネにはいろんな工夫がされています。種類が豊富にある中で選んだのが「アンファンキンダーガーデン」と言う小さい子用のシリーズ。

耳に掛ける部分がS字フックのようになっていてがっちりホールド!

普通の物だと耳に置く感じでメガネを掛けると思いますが、こちらのケーブルという形のは耳に引っ掛ける感じで装着します。メガネを外すときも普通のメガネのように引っ張って取ろうとすると耳に引っかかってうまく取れないので、ケーブルをもって取り外す感じになります。これは少しコツがいるのですが、毎日つけ外しをしているとすぐに上手に出来るようになりました。

ツインパットで鼻が低くてもズレにくい!

通常は鼻のパッドは分かれていると思いますが、こちらはツインパットと言ってくっ付いています。幼児の低い鼻でもフィットしてズレにくくなっています。

この他にもアンファンのこどもメガネは大人のメガネを小さくした物ではなく、日本人の子供の頭の形に合わせてテンプル部分(フロントからこめかみ、耳に掛ける部分までのところ)は頭を抱え込むように設計されているそうですよ。

こう言った工夫のおかげで本当にズレにくい!!でんぐり返しをしても、鉄棒をしても、思いっきりジャンプしても、メガネが外れてしまうなんて事は今までありません。

メガネがズレてイライラすると言うストレスが無いということ以上に、治療用のメガネで一番大事なのが正しい位置で適切にメガネを掛けられているかと言うこと。

弱視などの治療ではメガネで矯正した映像を脳に送って刺激するというのがとっても大事。なのでメガネがズレ下がっていて裸眼で見ているのと同じ状態では意味がない。ズレにくいということは治療をする上でもかなり重要ポイントです。

更にサイズ展開も豊富!3歳児と6歳児って全然顔の大きさ違いますよね。成長期の子供に合ったフレームを選ぶことで、きちんとフィットする物を掛けられます。

アンファンキンダーガーデンではなく他のシリーズが気に入っても、テンプルをケーブルに変更したり出来ますよ(*'ω'*)

アンファンのメガネの最大のネックはそのお値段。

散々アンファンのメガネを褒めちぎってきましたが、ネックはあります。

まずは注文してから出来上がるまでに時間がかかること。注文をしてから工場で作るので、出来上がるまでに2週間近くかかりました。スペアを作った眼鏡市場では20分程で出来上がったので、かなり時間がかかった印象です。

そして2つ目はお値段。

今かけているメガネは44,800円でした。アンファンの中でも安めのフレームでオプションもほとんど付けていないでこのお値段。レンズを薄型にしたりなどのオプションを付けたらパーンっと値段は更に跳ね上がるかと思います。

治療用のメガネは保険が効くとはいえ、その保険の上限金額を遥かに超える額。

お値段見た時は結構ビビりました(;゜0゜)

価格に見合うだけの価値ある商品。子供の事を考えたら、メインメガネは奮発!

我が家はごく普通の家庭、と言うか1馬力で4人が生活しているので生活に余裕はありません。それでもやっぱり奮発してアンファンでメガネを買ってよかったなって思います。

何故なら娘がアンファンのメガネを相当気に入っているから。

他所で買ったメガネもあるのですが、アンファンのメガネの方がかけ心地がいいからと、スペアの方は全く掛けません。先日フレームが曲がって掛けられなくなった時に仕方なくもう1つのスペアメガネを掛けていましたが、お店で調整が終わるとすぐにアンファンのメガネに掛け直していました。やっぱり高いだけの価値はあるんだなぁって思います。

私のオススメはメインはアンファンで、スペアはJINSやzoffなどの安価なメガネ屋さんで調達する方法です。

アンファンではスペアメガネを買うと約1万円引きになる特典もあるのですが、それでも安価なメガネ屋さんに比べるとかなり高額なので、スペアはお安く済ませるのが良いかと(´・∀・`)

物の価値がまだ分からない子供でも自然と選んでしまう掛け心地の良さ。

大切な我が子のために是非、ぴったりフィットするメガネを選んであげて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた、次回の更新で。

応援ポチして頂けると、更新の励みになります\\\\٩( 'ω' )و ////
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村