赤ちゃんの物を投げたい!叩きたい!の欲求に答える

先日家に友達と1歳ちょっとの赤ちゃんが遊びに来てくれました。一生懸命つかまり立ちをする姿にキューンと来てしまいました(*´ω`*)

そんな愛らしい姿を見せてくれた赤ちゃん(1歳過ぎてるから子供?)ですが、「最近物をよく投げるんだよね」と友達。1歳くらいの時って動き回っていろいろ出来るようになってくると、怒ったりしている訳ではなく、物を投げたり叩いたりよくするんですよね。うちの子二人もよくやってました。

そんな時どうしよう?叱ったり、取り上げたりばかりじゃ子供も不満足だし、親もイライラするしで嫌になりますよね。そこで家でやっていた方法をご紹介します。

投げたい!の欲求に答える。

生まれたときはラトルすら上手につかめなかったのに、掴んで投げてが出来るようになると楽しくてしょうがないんでしょうね。手に持ってはポイっと投げる。でも親からしたら、物を投げて他の人にでも当たったら大変!!そんな投げたい欲求を解消させていたのはこれ、

お手玉!

こちら手芸上手な義理母に作ってもらいました。

子供がおもちゃを投げだしたら

「これは投げると痛いし壊れるから、こっち(お手玉)なら投げていいよ~」

と言ってお手玉を渡します。お手玉なら子供もつかみやすいし投げやすい大きさ。しかも1歳児が投げたところで当たっても痛くないし壊れません。ついでに自分も子供と一緒にお手玉を投げ合いっこして遊んじゃいます。

これなら投げてもOK!と言うものを作っちゃえばいいんです。ぬいぐるみでも柔らかいですが、投げるとかわいそうなのでお手玉がおススメです(・ω・)ノ

もちろん子供も「こっちのを投げたいのー!!」みたいな感じでキーキー言って騒ぐこともありますが、そんな時はキッパリ「それは投げたらダメ」って事を伝えて止めさせます。でも大抵は一緒に投げ合いっこしたり、お手玉を頭にのせてポトンと落としたりしてあげるとそっちの方が楽しくて満足してくれます。

作ってもらったお手玉は中に小豆が入っていますが、万が一破けて中の豆を子供が食べてしまうのが心配でしたら、中を綿にして作るのもいいかと思います。

叩きたい!の欲求に答える

投げるのもよくやりますが、細長い棒とかでガンガン叩くのもよくやりたがりませんか?そんな時には木琴なんかの楽器でもいいですが、思いっきり叩くものだからひどい音。「もっと優しく叩こうね」って、子供の方は思いっきり叩きたいんですよね。そこで与えていたのがこちら

工具のおもちゃ!

工具なら思う存分、思いっきり叩けます。

投げる時と同様、物を棒とかで叩いたりしていたらすかさず工具のおもちゃを渡します。

工具セットについていたもの以外も叩こうとしますが、ここは「叩いて良いのはこのおもちゃだけだよ」と誘導するしかないですね(-"-)そして、子供が勢い余って自分の頭や指を叩かないように注意ですヨ!

ついでに自分も子供と一緒にガンガン叩いて、日頃のストレスを発散させましょう(・∀・)ニヤニヤ

我が家で買ったこちら↑の工具セットはねじ等小さい部品もあるので、赤ちゃんが飲み込んだりしないように気を付けてくださいね! いろいろなパーツが入っていて、とっても楽しいセットです。

獲得した能力を試したくなる。

これはもう、仕方ない。だって、出来ないことが出来るようになったらやりたいんだもの。楽しいんだもの。

そんな子供の欲求に答えつつ親子で遊んで楽しく過ごしてくださいね。あっという間に一緒に遊ぶ時間少なくなります(;^ω^)

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた、次回の更新で。

応援ポチしていただけると、更新の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村