子供の食べ物の好き嫌いとどう付き合うか

子供の食べ物の好き嫌いで悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

4歳の娘もかなり好き嫌いがあり、あの手この手で食べられるような工夫をしてみています。

2歳から始まった好き嫌い

離乳食の頃はほとんど好き嫌いせずに何でも良く食べてくれたのですが、2歳くらいになるとどんどん好き嫌いが酷くなり、今では野菜を完全拒否!カボチャや豆の甘煮なんかの甘い食べ物でも「野菜嫌い!」の一点張りで全然食べてくれません。

私もエビが嫌いだったりするから、ピーマンが苦手、葉物野菜が苦手くらいの好き嫌いなら良いんだけど、野菜を全く食べないのってどうなのよ?

他にもケチャップ、マヨネーズ味はダメ。ご飯は白くないとダメ(炊き込みご飯、チャーハンなどの味付きご飯が嫌い)。などなど挙げだしたらキリがないくらいの好き嫌いの激しさ。食事は大体お米をお茶碗2杯食べて終わり!ってことが多いです。

ネットで好き嫌いについて検索してみると

『子供の好き嫌いは親の責任。親の食生活がいけない。』

『好き嫌いは人格に影響を与える。』

だとかもう、ひどい言われよう。

そんなこと言われてもねぇ。同じ食事を提供している弟の方は割となんでも食べるんですけど(°_°)

大きくなって必要だと思ったら食べるようになるかなとも思うけど、食べて欲しいと思うのが親心。

同じ悩みを持つ方の役に立てれば良いなという事で、あの手この手で試してきた方法をご紹介しようと思います。

細かく刻んで混ぜ込んじゃう作戦

これ、一番良くある方法だと思います。ハンバーグとかに人参とかを細かく刻んで練り込むってヤツです。

でもこれ娘には効きません。彼女は味覚がかなり敏感なので、何かいつもと違うものが練りこまれていると一口食べて「これ何入ってるの?」とすぐ気づきます。旦那なんていつもと違うもの入れても全然気付かずにムシャムシャ食べるのになぁ。良くわかったなーと感心してしまいます。

見た目を可愛くする

キャラ弁とまではいかなくてもカレーライスのご飯を星形にしてみたり、ニンジンをお花型で抜いてみたり…

しかし、見た目に騙されるような彼女ではありませんでした。「かわいい~♪」と言いつつ、食べることは軽ーくスルー。見事に残されますね。

保育園などの給食レシピを参考にする

幼児食の本と同様、幼児の好む味付けや調理法を知り尽くす人の手を借りる方法。

保育園や小学校で実際に出されている給食レシピをネットで公開しているところもあります。ヽ(‘ ∇‘ )ノ ありがたや〜

特に保育園のメニューなんかは自分では思いつかないような組み合わせの物なんかもあって、普段の食事のマンネリ解消にも役立つ他、ひと月分の献立も公開してくれているところもあるので、栄養バランスの取れた献立を考えるのにも役立ちます。

須坂市 保育園給食レシピ集

中野区 簡単!おいしい!保育園給食の献立と人気料理レシピ

塩尻市 給食レシピサイト

他にも検索すると沢山の給食レシピが出てきますよ。

色々参考にして作ってはみているのですが、中々親の思惑通りには行かないもので娘はさっぱり食べてくれません(;'∀')が、弟の方は結構気に入ってくれることが多いので、かなりの偏食家でなければ効果があると思います。

野菜を育てて一緒に調理する

テレビを見ていた時に、とある保育園で子供の好き嫌いをなおす方法として紹されていたこの方法。子供と野菜を育てて、できた野菜を一緒に調理して食べる。その番組では一番効果があった方法として紹介されていましたが…。

好き嫌いを無くすためではなく元々家庭菜園はよくやっています。

ズッキーニを植えているところ↓

さらに料理をするのも好きなので、よく食事作りのお手伝いもしてくれます。

が、自分が育てた野菜や料理も全然食べません。自分が作った物の味、気にならないのかな?(・・;)

ガンコな娘。

メインは同じでも食べ方を変えてみる

娘はカレーライスを食べてくれないのですが、ある時ナンカレーをテレビで見た時に、ナンって何?となって作ってあげることに。

作ったのはこちらのレシピ↓

Cpicon レポ1000人感謝●簡単本格ナン● by douce_mika

すると、カレーにナンを付けて食べた!以来、我が家でカレーと言ったらナンカレーを作るようになりました。

他にもミートソースパスタは食べないけどミートパイは食べたり。メインは全く同じなんだけど食べ方を変えてあげると食べることもあるので、「これもどうせ嫌いだろう」と決めつけずにいろんな調理法を試して見ています。

ライブ感を演出する

引っ越しをして広い家になってからホットプレートを買いました。

今までお好み焼きや焼きそばなど、フライパンで調理して出していたのですが全然食べてもらえず。

それをホットプレートで、卓上で調理するようにしたら、以前よりもずっと食べるようになりました。

やっぱりレストランなんかでもそうですが、食べる目の前で調理してもらうって言うのは食欲わきますよね(*´ω`*)今のところこの方法が一番効果があって、我が家では色々なものをホットプレートで調理するようになりました。

以前、記事で書きましたがハンバーガーもホットプレートで作ると楽しいですよ。(過去記事:ハンバーガーを作るならホットプレートで

食事の時間は楽しいのが一番だと思う

こんな感じであれこれやってはいるものの、効果覿面!みたいな方法はなく。。

世間一般的には子供の好き嫌いに対する評価は厳しいようですが、それでも私は食事は楽しいものだと思ってもらうことが一番大事だと思うので、無理やり食べさせるという手段は絶対に取りません。

怒られながら無理やり食べさせられた食べ物なんて、余計に嫌いになりますよね(T_T)

幼児期は好き嫌いなく何でも食べることよりも、みんなで食べるご飯はおいしい!と思ってもらうことの方がずっと重要。大きくなれば美容とか健康とか気になりだしたりして、食べられるようになりたいと本人次第でいくらでも努力できますしね。

食べられるようになるための工夫はあれこれとし続けて、彼女をサポートしていきたいと思います。

子供の好き嫌いでお悩みの方、毎度残されたりして辛かったりしますが、気長に頑張りましょうヽ(・∀・)

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた、次回の更新で。

応援ポチしていただけると、更新の励みになります\\\\٩( 'ω' )و ////

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村