子供のメガネは友達づくりのきっかけにもなる

今日は眼鏡をし始めてから2回目の眼科診察。前回の1回目はれもんに全くやる気がなく、視力を測れませんでした。

眼鏡をかけ始めてから約2ヶ月。今日はふざけ気味だったものの、視力は測れましたε-(´∀`; )

右目 0.3→0.7(眼鏡装用)

視力が上がりました((∩^Д^∩))ちなみに左目は1.0あります。

先生「確実に視力が回復してきているので、この調子で眼鏡を掛けてください。」

という事でメガネ生活は続きますが、取り敢えず効果が出ているのでホッとしました。

それにしても、たった2ヶ月で効果が出るものだとは思っても見なかったので驚きです。毎日同じように見えても、脳や神経は物凄いスピードで発達しているんだなぁ。なんて考えてしまいました。赤ちゃんだった頃は物を持てるようになったり、寝返りが打てるようになったり、色々な変化が目に見えてあったから分かりやすかったけど、幼稚園生くらいになると中々成長を実感できずらいので、久々に成長を感じました。

メガネになれてきました

最初は猛烈にメガネをかけるのを嫌がっていましたが、2ヶ月で大分慣れました。

この間、朝起きてきて人形のメルちゃんで遊び始めた時に

「あれー?メガネどこー?」

と聞いてくるので、メルちゃんのメガネを渡したら、

「私のは??」

と言われてビックリ。てっきりメルちゃんのメガネを探しているのかと思ったら、自分のを探していました。

今まで自分から積極的にかけるなんて事はなかったので、ようやく身体の一部になってきたようです。とは言えまだ少し抵抗していて、おばあちゃんの家に行く時など知り合いに会う時にはメガネをちゃっかり外します。

メガネがお友達作りのきっかけツール

先日公園に遊びに行った時のこと。れもんより何歳か年上の女の子がメガネを掛けているのを見て

「そのメガネどこで買ったのー?」

と話しかけて、一緒に遊び始めてました。もともと知らない子に「一緒に遊ぼう」と積極的に話しかけられる子なのですが、こう言う声のかけ方もあるのかと感心しました。話しかけられた方の女の子も嬉しそう(*‘∀‘)もう少し大きくなったら、メガネをかけている同士で「メガネをかけているとあるある話」なんかで盛り上がれるようになったりして。

小学校になった頃にはメガネをかけていると男の子に悪口や傷つくような言葉を言われるかな。なんて心配なのですが、案外彼女ならポジティブにやっていけるのかも('ω')

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた、次回の更新で。

応援ポチしていただけると、更新の励みになります\\\\٩( 'ω' )و ////
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村