モモの保存方法とキレイなカットの仕方

ふるさと納税で先日、モモが届きました。フルーツの中でモモは1,2を争うくらい大好きなので毎年頼んでいます。

モモはすぐに傷んでしまうので早く食べるのが鉄則。かと思いきや、数年前にモモの上手な保存方法を聞いてからは1か月くらいフレッシュなモモを楽しめるようになりました。今回はその保存方法と、キレイにモモをカットして食べる方法をご紹介します(*'ω'*)

アルミホイルに包んで冷蔵庫に入れておくと1か月くらい保存できる!

保存の方法はすっごく簡単。アルミホイルに包んで冷蔵庫に入れるだけ。

モモにぴったりとアルミホイルを密着させるのがポイントなんだとか。

全部包んだらモモに物が当たって痛まないように、トレーや箱に入れてから冷蔵庫で保存するとなお良いです(o・∀・)b゙

たったこれだけで1か月くらいは日持ちするようになるんですよ。ここ数年はこの方法で保存していますが、腐ってしまったことはないです。たくさんモモを頂いたり購入した時はお試しください。

モモはアボカドみたいにぐるっと回して種を取るときれいにカットできる!

モモはアボカドを調理するときの要領でカットすると、きれいな仕上がりになります。

まずは種の周りに沿ってぐるっと一周、ナイフで切れ込みを入れます。

切れ込みを入れたら、カットして左右に分かれた実をそれぞれ逆方向にグリっと回します。そうすると片側の種が剥がれます。この回すときの力加減が難しーい。力を入れすぎるとグチャっとなるし、弱くて何度もやりすぎると、これまたモモが痛んじゃいます。いい力加減を探して、思い切って回してみてください。

片側に残っている種の周りにナイフを入れて、種を取り除きます。

種を取ったら皮をむきやすい大きさにカット。

ペロペロ~っと皮をむきます。

さらに食べやすい大きさにカットしたら完成!

お店で出てくるようなモモみたいに、キレイにカットできました(∩´∀`)∩

パフェやケーキに飾る時などすぐに食べないときは、レモン汁を振って黄変を止めるといいですよ。

もうすぐモモの食べ納めの時期ですが、アルミホイルにくるんで保存して、まだまだモモを楽しめそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた、次回の更新で\\\\٩( ‘ω’ )و ////