暑い日にぴったり!簡単に作れるとろける杏仁豆腐のレシピ

暑くなってきてアイスやゼリーなどの冷たいスイーツを食べたくなってきました。今日は久しぶりに義理母から教えてもらった杏仁豆腐を作りました。今まで食べた杏仁豆腐の中で一番と言うくらい、このレシピで作る杏仁豆腐は美味しい!鍋に材料をどんどん入れていくだけなのでとっても簡単。冷やす時間を除けば10分ほどで作業は終わります。それでは材料と作り方をどうぞ~

材料(2リットルの容器にピッタリな量)

A 杏仁霜…大さじ6

A 砂糖…大さじ6

水…400ml

板ゼラチン…13g

B 牛乳…600ml

B 生クリーム…200ml

トッピング…お好みで果物の缶詰や黒蜜、生のフルーツなど

我が家で使っている杏仁霜は【常温】 ユウキ食品 杏仁霜 (キョウニンソウ) 400g 業務用 甜杏仁パウダー ( アーモンドパウダー )です↓

業務用なのでかなり量が多いのですが、友達の家に行く時のお土産にしたり、遊びに来てくれた友達へ出したりと杏仁豆腐をよく作るのでこの量のものを買っています。こんなに使いきれない!と言う方は150g入りの物も売っていますよ。

作り方

① 板ゼラチンを水でふやかす。

板ゼラチンではなく粉ゼラチンでももちろんOK。粉ゼラチンはふやかさずに使えるので便利ですよね。

板ゼラチンと粉ゼラチンの違いは、板ゼラチンの方が食感が滑らかで仕上がりもキレイ。あとは一枚当たりの重さが大体同じなので計りやすく、たくさん使うようなお菓子屋さんなどでは板ゼラチンを使うことが多いです。

② 水にAを入れて煮溶かす。

③ 水で戻したゼラチンをよく絞り、②に入れて溶かす。

④ ③の中にBを入れる。

⑤ 容器の中に④を裏ごしして入れる。この裏ごし作業が結構大事!うっかり溶け残ったゼラチンなんかをきちんと裏ごしして取りましょう。

 

裏ごしして入れたら表面の泡をスプーンで丁寧にすくい取ります。この作業も口当たりをよくするためには大事です。

家でいつも流しいれている容器は2ℓのものですが、カップに個別に入れたりでもOK!

⑥ 冷めたら冷蔵庫に入れて冷やし固める。

⑦ 固まったらお皿にスプーンなどですくって入れ、お好みで果物の缶詰やフルーツなどを盛り付ける。

今の時期、安く手に入るイチゴをトッピングしました。

一押しの食べ方はこちら!!

黒蜜掛け。

これ、めっちゃくちゃおいしいです。義理母に教えてもらって以来、この杏仁豆腐には必ず黒蜜をかけて食べています。黒糖の香りと杏仁の香りがケンカしあうことなく見事なコラボ(*'ω'*)

これからの季節のおやつやデザートに持ってこいな杏仁豆腐、ぜひ作ってみてください。

応援ポチしていただけると、更新の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村